スポーツ法務|法律相談Q&A|【仙台の弁護士】あすなろ法律事務所

仙台の弁護士 あすなろ法律事務所
TEL
仙台の弁護士 あすなろ法律事務所
お気軽にお問合せください。
電話受付 9:00~17:00
(土日祝日除く)

法律相談Q&A

あすなろ法律事務所に寄せられる、よくある法律相談をQ&A形式で紹介します。
仙台で弁護士をお探しなら、お気軽にご相談ください。

いじめ・学校事故|弁護士相談Q&A

いじめ・学校事故

スポーツ法務|弁護士相談Q&A

スポーツ法務

交通事故|弁護士相談Q&A

 交通事故

離婚・男女問題|弁護士相談Q&A

離婚・男女問題

債務・悪質商法

債務・悪質商法

弁護士顧問契約|弁護士相談Q&A

弁護士顧問契約

スポーツ法務

 
Q1 スポーツ法務とは具体的にどのようなことをするのでしょうか?
A1 プロスポーツであるか、アマチュアスポーツであるかを問わず、スポーツ選手や指導者等を弁護士が法的に支援します。
 
具体的には、
○スポーツ選手が所属する団体において不利益な処分を受けた場合
○スポーツ選手が競技中に負傷した場合
○スポーツ選手が他の選手とプライベートでトラブルになった場合など
様々らトラブルについて法的な支援を行います。
 
なお、当事務所に所属する弁護士の中には、「日本プロ野球選手会公認選手代理人」として登録した弁護士や、第二東京弁護士会の「スポーツ法政策研究会」に所属する弁護士がおります。
 
Q2 所属する団体から活動停止の処分を受けましたが、納得できません。どのようにすればよいのでしょうか?
A2 弁護士が代理人となり、処分の撤回を求め、交渉をすることが考えられます。交渉しても処分が撤回されないときは、公益財団法人スポーツ仲裁機構に調停や仲裁を求めることが考えられます。
 
Q3 サッカーのプレー中に相手と接触し、負傷してしまいました。治療費等の支払いを受けることは可能でしょうか?
A3 サッカーはもともと接触が予定されている競技ですから、通常のプレーで負傷した場合に、相手に損害賠償を求めることはできません。但し、意図的に負傷させるなど、社会的に相当な範囲を超えるプレーで負傷させた場合には、損害賠償の責任が発生する場合もあります。
また、相手から支払いを求めることができなくても、試合の主催者に管理上の落ち度がある場合には、主催者より支払いを受けられる可能性があります。特に、学校の部活動中に負傷した場合には、学校側に安全配慮義務が認められ、これに違反したことにより負傷の結果が生じたという場合には、学校に賠償を求めることができます。
 
Q4 所属する野球チームの先輩にお金を貸しましたが、返してもらえません。どうすればよいのでしょうか?
A4 チーム内のトラブルとは言え、通常の金銭貸借と同様に対応すべきです。
お気軽にご相談ください。 


アクセス

 
仙台市青葉区一番町1丁目4-30
さのやビルディング5階
☎ 022-225-4929
【受付時間】 月~金曜 9:00~17:00
※その他の受付時間をご希望の場合はご相談下さい。
お気軽にお問合せください。
☎ 022-225-4929
電話受付 9:00~17:00
(土日祝日除く)
弁護士 鎌田健司
 
弁護士 高島梨香

取り扱い分野

いじめ・学校事故、スポーツ法務、交通事故、離婚・男女問題、消費者被害、
借金・多重債務、債権回収(貸金等)、相続問題、、医療事故、建築紛争、
刑事事件、少年事件、犯罪被害、近隣トラブル、企業再生・倒産処理、
成年後見、労働問題、不動産関係、行政、企業法務一般